プラズマローゲンを摂取する方法ですが、動物の体内に多く存在している物質です。元々は牛や豚から少量ずつ抽出されていたのですが、最近では安定して抽出出来るようになりました。今はホタテ貝や鶏の胸肉から抽出されていることが多いですね。

このプラズマローゲン、減少してしまう理由は加齢だけではありません。抗酸化物質としての働きを持っていますので、精神的なものや酸化によるストレスの影響を大きく受けてしまいます。最近の研究では、活性酸素の影響を受けている可能性が高いとされています。こちらに関しては研究の結果が楽しみな分野ですね。

活性酸素は、最近では老化の原因ということで気にされる方が増えているかと思います。ストレスの他にも紫外線や煙草の煙などで影響を受けますので、若い方でも見逃すことができません。

まだハッキリとした研究結果が出ているわけではないのですが、紫外線や煙草がもたらす悪影響に関してはすでに結果が出ています。プラズマローゲンだけではなく、総合的な健康のためにも避けた方が良いでしょう。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ