認知症介護の中でも、一般的にかなり辛いと言われているのが弄便行為です。「ろうべん」と読み、便をいじってしまったり口の中に入れてしまう行為のことです。弄便の対処法を探してさまよう方も多いかと思います。その結果、少しでも軽減するようにとプラズマローゲンを選ぶ方が多いですね。

弄便行為ですが、本人にはハッキリと悪気がありません。多くの場合、おむつの気持ち悪さが原因になっています。おむつに便が付着していることが気持ち悪く、これを外してしまうのです。でも、便を便だと認識出来ておらず、おむつを外した後にどうすれば良いのかわからなくて弄便行為をしてしまうのです。

そのため、最も大きな対処法はこまめにおむつを取り替えてあげることです。便の時間が毎回決まっているのであれば、早めにポータブルトイレなどに誘導してあげるのも良いですね。

そして、介護者の負担が大きくならないようにビニールを貼っておくなどして、掃除を楽にしておくのがおすすめ。特に畳は掃除が大変なので、ビニール系のマットなどを敷いておくと掃除がぐんと楽になります。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ