血液の中にも含まれているリン脂質の一種プラズマローゲンですが、実は思考することだったり何かを記憶する機能をコントロールする役目を持っています。近年では研究がかなり進んでいて、ついにアルツハイマー型痴呆症の患者にはプラズマローゲンが不足しているという研究結果がアメリカで明らかになりました。

でも、脳がストレスを感じてしまったり老化でどんどんと減少していってしまうんですよね。そのため、プラズマローゲンを補ってあげるのが大切だということ。脳が活性化してくれますので、認知症予防につながるんです。

しかし、認知度は高まってきたもののまだまだ簡単に手に入るわけではありません。ドラッグストアのサプリメントコーナーに行くと、ビタミンやミネラルのサプリメントはたくさん売っていますがプラズマローゲンのサプリメントを売っているお店はまだまだ少ないのです。

そのため、今はまだインターネット通販が主流になっています。グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントや青汁など、今後は健康食品の定番になりそうな勢いですね。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ