プラズマローゲンの力を借りて、認知症の在宅介護を続けたいという方も多いでしょう。在宅介護は大変な面が多いのですが、大切な家族と一緒に家で生活したいと望む方は少なくはありません。

在宅介護のコツですが、まずは介護者が健康であることが基本です。風邪をひいてしまったり、体調が悪い時には他の人に手助けを求められるような環境を作りましょう。一人だけに負担がかかってしまうということは、その人がダウンした時に介護の全てがダウンしてしまうことになります。

そして、介護者には介護の素質や患者本人との関係性が必要になります。よくある話なのですが、嫌々仲の悪いお姑さんの介護をすることに…なんて日本ではよくみられる光景ですよね。

義務だけでは、介護の限界はすぐにやってきてしまいます。認知症になる前からの関係性も重要ですから、実は在宅介護に適した人はそう多くはありません。

介護を生活の全てにしてしまうのではなく、生活の一部にすることが大切です。そして、何より在宅にこだわりすぎないことも大切ですね。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ