認知症のケアは、介護者が一人で行うものではありません。しかし、他の家族が忙しく、結局一人で介護している…といったケースもありますよね。そのままでは一人の負担が大きく、介護者が倒れてしまう可能性もあります。認知症介護はチームケアが大切です。

困ったことがあった場合、まずは相談できる場所を作るために一度市区町村に相談に行くのが良いでしょう。市役所などに行けば、関係部署や関係機関などを教えてくれます。中には勉強会などに参加してプラズマローゲンのことを教えてもらったという方も結構いらっしゃいます。

他にも介護者の身体の負担を軽減してくれる居宅介護支援事業所や、相談範囲が広い保健所・保健センターなど。一人で悩む前に、相談できる場所はたくさんあります。こういった行政のサービスなどを利用して、一人で抱え込まないようにしましょう。

認知症に限った話ではありませんが、一人での介護は孤独です。心身に与えるストレスも大きいですから、周りの協力を得るようにしましょう。認知症の介護はチームケアが基本ですから、一人でやっている方がイレギュラーだと思って安心して相談に行ってくださいね。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ