「あれ」「それ」が増えた、食べたものを思い出せない、思い出せなくてイライラする。そんな症状があったら、認知症の始まりかもしれません。認知症というのはその名の通り認知できなくなる病気のことです。

若い方でも、思い出したいことに限って思い出せないともどかしい思いをします。それがずっと続くのです。わからないことは本当に辛いですよね。認知症になると夜に眠れなくなったり体調を崩すこともあります。高齢になってからの不安な出来事が一気に襲いかかってきてしまうのです。

例えば、新しいことが出来なくなります。いつも繰り返しやっている掃除なんかは出来るのに、ババ抜きのような簡単なルールのゲームでも、新しいと全然出来なくなってしまうのです。

この計画力を鍛えるためには、麻雀やトランプのようなゲームをしたり買い物の計画を立てたりすることが大切。プラズマローゲンを飲みながら、このように少しでも出来ることは挑戦していくことが、患者本人のストレス解消にもなります。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ