認知症患者と、介護者から注目されているプラズマローゲン。食事からは上手に摂取することが出来ないので、特殊な方法で抽出されたサプリメントを飲むというのが適している方法です。

認知症の場合、介護疲れに悩む方も少なくはありません。こういった場合、介護保険等を上手に利用しましょう。そして、介護者同士での情報交換も大切です。情報交換をすることで、プラズマローゲンのように効果的な方法が 見つかる場合もあります。何より、同じ悩みを共有できる仲間との出会いは介護生活の大きな手助けになります。

認知症は放置しているとそのまま悪化してしまいます。しかし、介護者が声をかけたりとスキンシップをしたり、介護の状態によっては症状が軽減してくれることもあるんです。そのためにも、介護疲れとうまく向き合っていく必要がありますね。

今後更に認知症のメカニズム研究が進めば、プラズマローゲンのような有効的な手段が出る可能性もあります。しかし、基本となるのは介護者と本人のい関係性ということを忘れないようにしておきたいですね。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ