まだ初期の段階だけど、これから認知症の介護がどうなっていくのかが心配という方も多いかと思います。大切なのは、後から始めるのではなくしっかり対策をしておくこと。早めに相談できる病院やNPO法人などを見つけておくのも手だと思います。

認知症の介護が特に辛くなるのは認知症が進んでしまい症状が多くなってきた時と、身体の状態が悪化してしまった時です。そして、介護者本人の負担が大きくなってしまったり、心身が不調になってしまうこともあります。

症状や身体のことに関してはかかりつけのお医者様に相談することになるのですが、介護のことに関しては行政の相談窓口に行くことになります。認知症患者の介護者をサポートしているNPO法人もありますので、そこと連携するのも良いでしょう。

患者本人が辛いのはもちろんですが、介護者も辛いのが認知症介護の特徴です。そう考えると、プラズマローゲンは患者だけではなく介護者も救う新しい成分なんですね。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ