「プラズマローゲン」というのは、実はリン脂質の名前です。普段あまり聞き慣れない言葉だと思います。細胞膜を形成している中でも主要な成分の一つですね。血液の中にも脂質が存在していて、その一種でもあります。

リン脂質には、ダイエット中の方には嬉しい脂肪をエネルギーに変えてくれる役目があります。他にもたんぱく質と脂肪を結びつける役目があったり、実は身近な存在なんです。

サプリメントとしては、レシチンが有名だと思います。レシチンはプラズマローゲンの仲間で、同じくリン脂質の一種なんですよ。細胞膜を形成している主成分ですから、足りなくなると細胞膜が正常に機能しなくなってしまうんです。

他にも血管内にコレステロールが溜まってしまう原因に。これを放置しておくと、糖尿病だったり動脈硬化といった恐ろしい病気を引き起こしてしまうんです。そんなレシチンの仲間であるプラズマローゲン。実は認知症対策成分として、今メディアなどで取り上げられる回数が増えている注目の成分なんです。

>>「プラズマローゲンの効果」へ戻る

このページの先頭へ